アクネ菌とは

ニキビや肌荒れのCMや広告で、アクネ菌を抑えよう。といったフレーズを聞いた事があるでしょうか。ニキビにはアクネ菌が関係しているという事を知っている方は多いかもしれませんが、このアクネ菌とは一体どんな菌なのでしょうか。アクネ菌は誰の肌にも存在する常在菌で、皮脂の多い部分に多く生息しています。酸素が苦手なため毛穴の中で皮脂を栄養としていますが、肌の保湿する力を助け、他の雑菌が肌に侵入して来ないようにバリアを張るとても重要な菌なのです。普段は酸素に触れることでアクネ菌の量は一定量に保たれていますが、皮脂が詰まると減ることがほとんどなく、アクネ菌は好物の皮脂を食べて異常繁殖します。アクネ菌は紫外線に触れると毒素を出す性質があり、異常繁殖したアクネ菌たちが出したこの毒素で肌荒れやニキビの炎症が酷くなっていくといわれているのです。しかしアクネ菌は肌の常在菌ですのでそれをゼロにすることは出来ません。アクネ菌は存在を無くしてしまうと、肌の保湿を保てなくなり別の肌トラブルにも繋がってしまいます。その為一番効果的な方法は洗顔などのスキンケアで皮脂を取り除き、肌に新鮮な空気を送り込むことになります。そうする事でアクネ菌の増殖を抑え、肌を健康な状態に戻すことが出来るのです。アクネ菌を抑えるために行う洗顔ですが、過剰な洗顔やこすり洗いを繰り返すと肌の表面が傷つきますし、必要な保湿もなくなってしまいます。保湿のなくなった肌は乾燥し、ニキビ以外の肌トラブルを引き起こしてしまいます。洗顔もスキンケアも適度な回数で行いましょう。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする