ニキビの種類

ニキビが出来たけど、前回もすぐ治ったから大丈夫。と安心していると大変なことになってしまう事があります。実はニキビは一種類ではないのです。ニキビの状態によって4種類に分類され、対応を間違えると傷になって残ってしまう可能性があります。ご自身の肌に出来てしまったニキビがどの種類のもの何かをしっかり見極め、正しい対処方法でニキビを治しましょう。ニキビは白、黒、赤、黄の色で種類が分かれています。白ニキビはまだ初期段階で、肌を触るとプツッとしたものがあるかなと感じる程度です。黒は毛穴に汚れが詰まりだした状態で、鼻の頭によく見られます。赤は詰まった毛穴が汚れや雑菌によって炎症を起こした状態で、黄色はその炎症が酷くなり、毛穴の中に膿が溜まってしまっている状態です。ニキビの進行具合は白、黒、赤、黄ですが、朝起きたら昨日まできれいだった肌に急に黄色ニキビが出来てしまっている事もあります。体調や肌の乾燥具合によって進行状況も違いますので覚えておいてください。白ニキビや黒ニキビの場合、まだ毛穴が詰まっているだけで状態ですのでニキビを潰しても肌への影響はそんなに大きくありません。しかし、炎症を起こしている赤ニキビや黄色ニキビの場合、膿を出そうとニキビを潰してしまうと、傷が残ってしまったりきれいな部分に拡散してしまったりするので注意が必要です。どの種類のニキビでも、肌と手、機器をきれいにしてから潰すようにし、潰した後のケアをしっかり行うことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする