大人ニキビと思春期ニキビの違い

20歳までに出来るニキビを思春期ニキビ。20歳を超えてから出来るニキビを大人ニキビと呼び名を変えて呼ばれる方は多くいらっしゃいます。大人ニキビは吹き出物とも言いますが症状は全く一緒です。最近では20歳を超えてからの吹き出物に悩む方が増加の傾向にあり、吹き出物という言い方よりもやわらかく感じる大人ニキビという言葉を選んで使われる方が多いようです。大人ニキビと思春期ニキビの違いはいくつかありますが、特に違うのがニキビの原因です。思春期ニキビの原因は分泌されるホルモンが関係してきます。成長過程で分泌される男性ホルモンは皮脂を過剰分泌させ、きれいに取り除けないと毛穴を塞いでしまいます。この詰まった毛穴が炎症を起こし、ニキビになるのです。その為、思春期ニキビは額や鼻に出来やすくなっています。大人ニキビの主な原因はストレスや生活習慣の乱れによる体調不良や内臓などへのダメージが関係しており、顎や顔の輪郭付近、首あたりまでニキビが出来やすくなります。また女性の方では化粧の落とし忘れや洗顔不足による肌の不衛生が原因でニキビが出来しまいます。20歳になると可能になる喫煙や飲酒も肌へのダメージが強く、特に喫煙は血流を著しく低下させます。体の不必要な組織や栄養は血流を使って外に排出させるため喫煙で血流が悪くなると老廃物が出ていかず体にたまり続けてしまい肌荒れやニキビの原因となるのです。思春期でも不規則な生活やストレス、偏った栄養素の食事ばかり取っていると大人ニキビと同じ部分にニキビが出来してしまい、顔全体がニキビで覆われてしまう人も少なくありません。ニキビのケアは日頃の生活から始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする