ニキビの原因とは

ニキビは誰しもが抱える悩みの一つですが、特に思春期を迎える学生時代に多く発症するのはなぜでしょうか。ニキビが出来る原因の一つに男性ホルモンが関係してきます。男性ホルモンは毛穴から分泌される皮脂に強い関係があり、10代にこの皮脂の分泌が盛んにおこなわれるようになります。この皮脂がキレイに取り除かないと毛穴を塞いでしまいます。すると毛穴から外に放出されるはずの汗や汚れが詰まってしまい、皮膚が炎症を起こすのです。これが一般的にニキビといわれる皮膚病です。ニキビは放っておいても治りますが、お手入れをしないと皮脂が毛穴に詰まったままの状態になっているのでどんどん毛穴が広がってしまい、イチゴ肌といわれるように毛穴が開いたままになってしまいます。そうかといって何度もゴシゴシ洗顔していると、肌に必要な成分まで洗い流してしまいます。水分や油分が足りなくなってしまった肌はそれを補おうと余計に皮脂を分泌してしまうのです。洗顔も適度に行うことが大切です。ニキビが出来やすい理由は男性ホルモンだけでなく、夜更かしや不摂生などの不規則な生活、ストレスも原因のひとつとなります。人の肌は一定周期で新しい細胞に入れ替わっていき、これをターンオーバーといいます。ストレスや生活習慣が乱れるとこのターンオーバーのリズムが崩れ、ニキビなどの肌荒れに繋がってしまうのです。また肌荒れだけでなく、角質や汚れが肌に沈着してしまう事でシミやソバカスといった肌トラブルの原因にもなってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする