ニキビのできにくい洗顔方法

皆さんはニキビ対策としてどのような事を行っているでしょうか。一番多いのは洗顔だと思います。ニキビの一番の対処方法は清潔にすることですので、洗顔をする事は間違いではありません。しかし、ニキビで悩まれている方でその洗顔の方法や回数を間違っている方は多くいらっしゃいます。顔を清潔に保つことがニキビ対策だからと、一日に何回も洗顔する方がいらっしゃいます。特に皮脂の多い男性は何度も洗ってしまいがちですが、一日に何度も洗顔をすると肌の保湿が無くなり、それを補おうと皮脂が過剰分泌しやすくなります。最近では汗をかいた際に使うウェットティッシュやデオドラントシートも沢山普及していますが、これは肌に強い刺激を与えてしまうものもあります。ゴシゴシとタオルのように拭いていると肌の表面を傷付けてしまいニキビや肌荒れに繋がってしまう可能性もあります。タオルも同じですが、ゴシゴシ拭くのではなく表面のなでるようにするか、顔に軽く押し当てて吸い取るようなイメージで拭くと肌を傷付けません。また洗顔をした肌は、汚れをはじくバリアが全くない状態です。そのままにしていると汚れが肌に定着してしまい、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。洗顔後は必ず化粧水などで肌に保湿するようにしましょう。洗顔後に化粧水を付けていてもニキビや肌荒れが酷いという方の中には洗顔料の落とし損ねが原因になっていることが非常に多くあります。特に髪の生え際やフェイスラインにニキビが集中している方は洗顔料の落とし損ねに注意してタオルのふき取り時にも注意してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする