ニキビのきれいな治し方

ニキビは見つけたらすぐに潰すと傷に残らずきれいに治る。そんなお話を聞いたことはありますか?ニキビには種類があり、対処方法がそれぞれ違います。間違った方法で対処してしまうと傷が残ってしまいますし、今まで出来ていなかった場所にも飛び火のようにニキビが出来てしまう事もあります。種類に合った対処方法でニキビケアを行いましょう。白ニキビといわれるプツッとしたニキビは毛穴が詰まっているだけですので、ニキビを潰して毛穴に詰まった皮脂を取り除くと傷も残らずきれいに治ります。黒ニキビといわれる毛穴が黒くなっている部分も、中に皮脂が溜まっているので潰して皮脂を取り除いても問題はありません。しかし、赤ニキビといわれるニキビは、白ニキビや黒ニキビのように皮脂で詰まった毛穴が雑菌などに反応し炎症を起こしている状態です。むやみに触ってしまうと痛みがある場合もありますし、炎症が酷くなってしまう事もあります。赤ニキビの場合皮膚科などの医療機関で対応することをお勧めしますが、自宅で治療したい場合は薬局でニキビの炎症を抑える薬を購入しましょう。炎症が治まった時点で処理すると傷もつきにくく、きれいに治すことが出来ます。黄ニキビの場合炎症の状態が酷く、膿が溜まっています。この状態が一番潰しやすいですが、これを気軽に潰してはいけません。黄ニキビを自分で潰してしまうと毛穴が開いたままになり、傷にならなくても顔の表面がデコボコしてしまいます。またあまりに酷いとクレーターのようになってしまう事もありますので、この場合は皮膚科などの専門医師に対処をお願いする事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする