ニキビは思春期の象徴?

ニキビが出来たと気にしているとき、「ニキビは大人になったら出来なくなるし気にしない。」と言われたことはありませんか?ニキビは思春期の象徴とされ、大人になるにつれて徐々に治っていくと思われている方が多く、大人になってもニキビが出来ている方は肌が若いのだと勘違いをされている方がいらっしゃいます。しかし、実際は思春期ニキビ、大人ニキビというように大人になってもニキビは誰にでも出来てしまう可能性があります。それはその方が若いのではなく、肌の環境が悪いからなのです。思春期に出来るニキビは皮脂の分泌が多くなり、毛穴が詰まってしまう事が主な原因ですが、大人になってから出来るニキビは喫煙やストレス、生活習慣の乱れによる体調不良が主な原因となります。その為出来る場所も違いますし、改善しにくい体内環境が関係してくる大人ニキビの方が治りも遅くなります。女性の場合、ニキビを隠そうと化粧を厚塗りしてしまいニキビが悪化してしまう事もあります。また内臓器官の疾患が原因でニキビが出来てしまう事もありますので、ニキビは思春期だけのものと勘違いされている方は覚えておいてください。また出来たニキビをそのまま放置しておくと症状が悪化してしまう事もあります。そうかといって気にしすぎてずっと触っていても、そこから菌が増えて増幅してしまったり悪化してしまったりする事もあります。ニキビが出来て気になる時は、皮膚科などの医療機関に行き、正しい対処方法を学びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする