生活習慣を見直そう

20歳を超えてから出来る大人ニキビの主な原因は、ストレスや生活リズムの乱れといった心身のバランスが主な原因です。老廃物を外に出し、新しい肌と入れ替わるターンオーバーが一番活発に行われるゴールデンタイムは夜の22時から深夜の2時だと言われています。この時間には体を休め、睡眠時間に入っていないとターンオーバーが上手く出来ずに老廃物が残り、肌トラブルになりやすいのです。しかし、仕事の付き合いや残業でこの時間に睡眠時間を取れる方は少ないと思います。また食事の時間もバラバラになり、老廃物を表に出すために必要な栄養素や血流の流れを良くする栄養素もしっかり摂取できていない方がほとんどだと思います。職種によっては、他の方が寝ている時間帯が仕事の方もいらっしゃいますので、そういった方は特にホルモンバランスが崩れやすくなっています。夕食がどうしても遅くなってしまう方は、なるべく同じような時間に食事をすることをお勧めします。まった夜は胃腸の活動が遅い為、たくさん食べてしまうと消化しきれず脂肪として体内に残ってしまいやすくなります。遅い時間の食事は食べ過ぎないように注意が必要です。睡眠時間もなるべく同じような時間に寝ることをお勧めします。そうする事で体のリズムが出来て、ホルモン分泌に対する影響を軽減することが出来ます。また、胃腸は摂取したものをすぐに消化しきれるわけではありません。その為食事をしてすぐに寝てしまうと、胃もたれや肥満の原因になりますので、食事の時間と就寝の時間は少し間隔をあける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする