ニキビを潰してはいけません。

ニキビの対処方法として、ニキビを潰すと治りが早くなると言われたことがある方もいらっしゃると思いますが、この対処方法は傷になってしまう事が多い為、お勧め出来ません。ニキビには4段階の種類があります。この中の赤ニキビ、黄ニキビと言われているニキビは毛穴が炎症を起こしている状態のことを言い、無理に潰して膿を出そうとすると出血を伴う事があります。そうなると毛穴が開いた状態から戻らなくなってしまったり、紫外線を浴びて傷口が塞がってもシミやソバカスの原因になってしまったりとニキビ以外の肌トラブルにも発展するのです。炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビと言われている種類の場合、毛穴に皮脂が詰まっているだけなので毛穴を両サイドから押すと毛穴に詰まった皮脂が押し出されます。これをきれいに拭きとり、表面を化粧水などで保湿すると、白ニキビや黒ニキビはきれいになります。この方法を、ニキビを潰すと表現したのかもしれませんが、毛穴から皮脂を押し出す際手が汚れていたり、アフターケアがしっかりできていなかったりすると、皮脂を取り除いた後でもその毛穴に雑菌が入り込んでしまい、炎症を起こしてニキビや肌トラブルに繋がってしまう可能性があります。白ニキビや黒ニキビのような皮脂の詰まりをきれいにする際は、入浴中にされるか、室内で手をしっかり洗ってから行い、必ず化粧水などでアフターケアを行いましょう。あまり無理に毛穴を押して皮脂を取り出すと、毛穴周辺の肌を傷付けてしまう事もあります。白ニキビや黒ニキビは正しい洗顔とアフターケアでほとんどがきれいになりますので、無理に皮脂を取り出さないことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする