お尻のニキビ

人には見えない部位のニキビとして悩むのがお尻に出来たニキビではないでしょうか。お尻は背中や胸元に比べるとそんなに汗腺が多いわけではありません。では何故お尻にニキビが出来てしまうのでしょうか。お尻のニキビの原因はムレです。女性はストッキングやガードルのように下着以外にも何枚かはかれることが多くあります。男性も下着とズボンだけでなくステテコのようなインナーをはかれる方はいらっしゃいます。特に風や空気の冷たい冬は重ね着をする事が多く、肌が汗をかきやすくなっています。また大抵の方は仕事の半分を椅子に座ってこなします。そうするとお尻が圧迫され、衣類の中がムレてしまうのです。椅子によっては暖房機能が付いているものもあり、汗をかきやすくなりますし、毛穴も塞いでしまいます。立っているときも下着が肌に擦れる事が多いので、毛穴が詰まってしまうと炎症を起こしやすいのです。またトイレに行った後お尻がきれいに拭けていないと、水分や雑菌を下着で肌にこすりつけてしまいます。お尻は腸へ続く入り口もありますので、なるべく清潔にしておかないとニキビ以外の病気を引き起こす可能性もあるのです。お尻はニキビ以外に汗疹も出来やすく、無意識に引っ掻いて傷を作ってしまいやすい場所です。その為なるべくニキビや疾患に触れないように注意しましょう。下着のムレが気になる方は、下着の種類を通気性の良い綿に変えることをお勧めします。シルク素材やポリエステル素材の下着は吸湿性にかける為ムレやすくなります。また入浴時はナイロンタオルではなく手で洗うようにし、傷つかないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする