背中のニキビ

他の人には見えないので気付かれにくいですが、背中のニキビは発症している方が多くいらっしゃいます。背中のニキビが出来る原因の一つが大量にかく汗です。背中は特に汗腺が多く、手の届きにくい場所なので汗を拭く回数は多いとは言えません。風が吹けばTシャツの中を風が通る為すぐに乾きますし、人前で拭くのが難しい場所です。特にTシャツを着ていると、タオルが無くても汗が拭けている錯覚に陥ります。しかしTシャツは外気の雑菌や汚れが皮膚に当たらないよう守る役割があるものなので清潔なものとは言えません。逆に雑菌や汚れが付着したTシャツが肌に触れることによって皮脂の詰まった毛穴を刺激し、炎症を起こしやすくするため天敵になってしまいます。そのため炎症を起こした赤ニキビや膿の溜まった黄ニキビが出来やすく、入浴中にナイロンタオルで傷をつける可能性が高い為、傷跡が残りやすい部位です。汗以外にも食生活の乱れやストレスがニキビの原因になっていることが多く、思春期だけでなく大人になっても出来やすい部位になっています。背中のニキビはかゆみを伴う事が多くあります。その場合ニキビ薬よりも虫刺されなどのかゆみ止めを塗った方が効果的です。入浴の際体を洗った後に髪を洗うとシャンプーの洗い残しが付着しやすくなります。これも背中ニキビの原因の一つです。その為洗髪後に体を洗う事をお勧めします。入浴後、ご家族の方に背中の保湿クリームや化粧水をつけてもらう事が一番いいのですが、単身の場合は専門医にかかり、背中の保湿方法を確認する事をお勧めします。背中は特に繰り返しニキビの出来やすい部位ですので、完治されたい方は専門医にかかることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする