口周りのニキビ

口周りは皮脂の分泌が多いわけではありませんが、ニキビが出来やすいと感じる方は多くいらっしゃいます。その理由は大きく分けて二つあります。一つは髭剃りや化粧による肌への刺激です。口周りのニキビは大人になってから出来ると言われていますが、それは思春期に化粧や髭剃りをする方が少ないからです。化粧の落とし損ねや髭剃りの際に起きるカミソリ負け、洗顔後の保湿ケア不足などが原因として挙げられます。特に口周りは乾燥しやすい為、十分な保湿が行われていないと皮膚が傷つき、そこから炎症を起こしてニキビが出来てしまうのです。もう一つは胃腸の働きの低下です。夜遅くにお酒や脂っこいものなどを摂取すると胃腸の働きが悪くなり、胃もたれや消化不良を起こしてしまいます。思春期にも若いからと暴飲暴食を繰り返すと口周りの肌荒れやニキビが出来やすくなります。口周りはニキビだけでなく、口内炎や口外炎、ヘルペスといった皮膚炎や出来物も併せて出来てしまう事もありますので注意が必要です。口周りのニキビは偏った食事が原因ですから控えることが重要です。また洗顔や化粧はしっかり落とし、髭剃りの際は専用クリームやジェルで肌を保護しながら行いましょう。洗顔後はしっかり保湿する事が重要です。口周りは飲食だけでなくおしゃべりをするなど筋肉や皮膚を特によく動かす部分です。汚れやすく乾燥しやすい口周りは刺激を受けると肌荒れを起こしやすいので、日頃からしっかりとしたケアが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする