鼻のニキビ

額やこめかみと同じTゾーンの鼻も皮脂の分泌が多い部分です。鼻は顔の中でも出ている部分ですので、汚れや紫外線といった刺激を受けやすくなっています。また季節によっては鼻をかむことも多く、マスクやタオルといった布や紙が触れることも多くなります。そういった刺激で炎症を起こし、ニキビが出来やすくなるのです。特に鼻の毛穴は深く、他の部位に比べて皮脂の蓄積量は多くなります。その為軽い刺激でニキビが出来やすく、治りも遅い部位になります。鼻周りに出来る主な原因は皮脂の分泌が増加する事です。その為ストレスや寝不足といった生活習慣の乱れがホルモンの活動に大きく関わってきますので、鼻にニキビが出来てしまった場合は体をゆっくり休める必要があります。また洗顔の際鼻は特に気にして洗う事がない為洗い損ねてしまったり、流し損ねてしまったりと忘れてしまう事が多い場所です。勿論頬や額は意識して洗顔するので、その泡や水で多少の汚れは落ちますが、綺麗に洗いきれていない方が多くいらっしゃいます。汚れが残っている部位をタオルや手で刺激を与えてしまうと、炎症を起こしてしまう原因になりかねません。特に鼻の孔や鼻先にニキビが出来やすい場所ですので、洗顔の際軽く鼻をかむように、軽く鼻の頭をなでるように鼻を洗顔してみてください。鼻は敏感な部位ですので、あまり強く触ってしまうと中の粘膜を傷付け鼻血を出してしまう事や鼻炎などの弊害をもたらす事もあります。こすり洗いではなく撫で洗いで洗顔しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする