スムージーの栄養素

ユーグレナを含んでいるスムージーのメリットを検証

投稿日:

最近注目されている健康食でユーグレナというものがありますが、サプリや粉末状になっており青汁のような形で飲む人も増えてきています。 そのユーグレナですが、実はスムージーの中に入れて飲むと手軽に栄養が摂れるとあって人気が出始めているのですが、どんな効果が期待できるか気になりますね。

そもそもユーグレナってどんなもの?

ユーグレナとは学生時代に生物で一度は教科書などで見たことのあるミドリムシの事です。 虫を食べるの?と思いがちですが、ミドリムシはワカメや昆布などと同じ藻の一種です。 豊富な栄養素を持っており、植物が持つ栄養素と動物が持つ栄養素どちらも併せ持っている事が大きな特徴でもあります。 乾燥させて食品にした状態のユーグレナからは実に59種類もの栄養素が含まれており、ビタミン14種類、ミネラル9種、アミノ酸18種類と不飽和脂肪酸という優れたバランスの栄養素を持っています。 特に人間が体内で作る事ができないため外から補いたい必須アミノ酸9種類は全てユーグレナに含まれています。 藻の一種でありながら肉、魚、野菜全てに含まれている栄養素をバランス良く補えるのでこれだけ注目されている訳なのです。 乾燥させたミドリムシは明日葉や大麦若葉といった青汁の原料などと混ぜられて、粉末を溶かして飲むものとして一般的には売られています。

ユーグレナの持つ特有の成分パラミロンはどんな効果を持つ?

肉や魚などが持つ栄養素を含んだユーグレナですが、実は他の生物が持っていないパラミロンという成分を含んでいます。 パラミロンは吸油性、吸水性に富んだスポンジのような形をしており、体内のいらないコレステロールを吸収して、体外に排出させる働きを持っています。 また体内に蓄積したダイオキシンなどの有害物資をデトックスしてくれる効果も期待できます。 いらないものを吸い取ってくれるので、腸内環境も綺麗に整えてくれメタボで悩む人にも選ばれている植物です。 葉物野菜には繊維があり、生で食べても胃で野菜の細胞壁を分解する事ができないため吸収率がどうしても減ります。 しかしユーグレナは細胞壁がありませんので、食べたユーグレナの9割以上を体内で消化吸収する事ができます。

ユーグレナは他の果物と合わせてスムージーにすると飲みやすい

青汁を躊躇なく飲める人はミドリムシも難なく飲めるかもしれません。 しかし青汁が苦手な人だとミドリムシだけでは美味しくなくて続けられないという事もあるでしょう。 そんな時にはスムージーの中にミドリムシを入れて飲むと良いですね。 スムージーの果物や野菜の栄養素と一緒にユーグレナを摂れば、より豊富な栄養素を摂れますし、毎日でもメニューを変えれば飽きのこないスムージーで楽しめます。 ユーグレナと合わせる食材はバナナやレモンで飲みやすくしたり、りんごとレモンなどさっぱりとした風味にするのも良いですね。 寒い季節ならユーグレナと生姜、牛乳を合わせてホットスムージーを作るのも良いでしょう。 ユーグレナが少し飲みにくい味なので、葉物野菜を合わせるよりかは甘めの果物を合わせる方が合いやすいです。 ユーグレナは色々な栄養素をバランス良く配合していますが、必要量には足りない栄養素もあるのでスムージーの野菜や果物と一緒に摂る事が健康には良いでしょう。

まとめ

好き嫌いによって栄養が偏りやすい人にとって、ユーグレナ入りのスムージーを摂る事は大きなメリットがあります。 また味に関しても、毎日続けるものですから色々と味を変えられるスムージーにする事はメリットがあります。 スムージーは野菜や果物をミキサーにかけて細胞壁を壊すので、体内での吸収率が生野菜の時よりも上がります。 そこに吸収率の良いミドリムシを一緒に摂る事でより効率的な飲み方ができると言えますね。 ビタミンやミネラルが豊富なユーグレナですので、鉄分の多いプルーンなどとスムージーにするとより吸収率も上がります。 色々な飲み方で悩みに合った栄養素を効率よく摂りましょう。

-スムージーの栄養素

Copyright© 【大人女子向け飲むダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.